蔓延しているブラック企業の本当の恐怖を知って、自分が被害者にならないようにしましょう。

何かと話題に上がるブラック企業ですが、決して笑いごとではありません。

月200時間以上の残業土日の休日無しと言った勤務体制のブラック企業もあれば、

暴力が蔓延る企業もあります。

 

運悪くこうした企業に勤めてしまうと、大きな被害を受けることになります。

薄給で激務、そして最後は使い捨てにされるようなことは許されません。

ブラック企業がどのようなものなのか知って、被害を未然に防ぐ必要があります。

 

 

 

まずはブラック企業の定義についてですが、
一般的には残業代が出ない、休日出勤を強要される、暴力がある、などです。

 

給料に見なし残業代が含まれていない限り、どのような理由であっても残業代は支払われなければいけません。仮にですが、何か失敗をして残業をしたとしても、企業は働いた分の残業代を支払う義務があるのです。
ちなみに業務委託の契約であれば残業代が発生しない場合もあるので注意しましょう。

 

残業代が支払われない場合は、ブラック企業の可能性を考えて良いです。
特に月の残業が40時間を超えるのに残業代が出ないなら、転職を検討しても良いでしょう。

ブラック企業の残業と手当の現状

 

休日出勤を当たり前のように要求される場合も危険です。
仕事の疲れを癒すために休日はあるのです。
連続勤務の末、精神的に追い詰められて命を絶ってしまうケースさえあります。
そうしたリスクを負ってまで会社に尽くす必要があるか、しっかりと考なければなりません。

 

徹夜で作業する男性

 

暴力や暴言がひどいのもブラック企業の特徴です。
無理難題を突き付けられ、達成出来ないと暴力や暴言があるのは悪質なパワハラになります。
仕事で失敗した時に怒られるは社会人なので当然でしょう。
しかし、怒鳴り散らしたり暴力を振るったりするのは明らかな犯罪行為です。
人格を否定するような言動も悪質なパワハラなので、ひどい場合は弁護士などに相談することも検討しましょう。

 

 

ブラック企業はどうしてこんなにもたくさん存在するのでしょうか?

これは日本社会が昔の働き方から抜け出せていないからだと言われています。
昔は今よりもさらにひどい劣悪なブラック企業が当たり前のように存在していました。
気に入らなければ殴られましたし、差別や人格否定も息をするように行われていたのです。

 

ただしこれは、終身雇用と高い年収が保証されているのが前提です。
多少の理不尽を我慢していれば年収は毎年上がって行きますし、役職も良くなったのです。

 

しかし、現代では違います。

  • 終身雇用の制度は崩壊して非正規雇用が40%を占める社会になりました。
  • その上、平均年収はバブル時の半分になっています。

にも関わらず、昔のようなパワハラが横行しているためブラック企業の存在が問題視され始めたのです。
労働基準法が無視されている労働環境では自分の身体を無意味に酷使しているだけなのです。

 

ゆとり世代やドローン世代と言った言葉が使われるように、若い人の価値観も変化しています。
がむしゃらに働き会社に奉仕する時代は終わり、今ではワークライフバランスを整える方が好まれる生き方になっているのです。
そうしたギャップを埋められない会社がブラック企業となり、多くの労働者を使い潰しているのでしょう。
ただでさえ過酷な労働環境に、それに見合わない薄給、自暴自棄になって無茶なギャンブルに走ったりする人も少なくありません。
そしてキャッシングやクレジットカード現金化などを繰り返し、ますます泥沼から抜け出せなくなるのです。冷静な判断力を失う前に、一度その恐ろしさについて知っておくべきでしょう。

クレジットカード現金化の実態

 

 

ブラック企業だと感じたらなるべく早く転職をするのが良いです。

 

退職届を持つ男性

 

身体を壊しても、精神を病んでも、あなたの人生に責任を取ってくれる人は居ません
ボロボロになって会社をクビにされた時、後悔しないように自分自身を守りましょう。

 

退職の話をすると仕事を投げ出す、無責任、裏切りという話になりかねません。
仕事を投げ出す奴は他の会社に行っても通用しないと、脅しをかけて来ることもあります。

 

これらはすべて会社を辞めさせないための妄言です。
ここで勇気を出し、ブラック企業から抜け出すのが大切です。
辞めるのを許さないと言った姿勢を見せられたら、それこそ会社に出社しないような対応も良いでしょう。

 

ブラック企業が蔓延る原因は、それを受け入れて働いている人が多いからです。
根本的に悪いのはブラック企業ですが、働く人が声を大きくすることも必要なのです。
1度しかない人生に杭を残さないようにしましょう。

ブラック企業へ就職した時の対策