もしうつ病を患ったなら、慰謝料を請求した上でしっかりと療養してください。

ブラック企業でのうつ病

ブラック企業ではうつ病の発症者がとても多いです。

長時間の残業や劣悪な職場環境が、心の病を引き起こしてしまうのです。

 

周囲へ相談出来る環境も無く、日々仕事に忙殺される状況は精神を壊します。

ブラック企業でうつ病になるまで働いても、何一つメリットはありません。

 

 

 

  • 身体がだるい
  • 仕事以外のことが考えられない
  • 無気力になった
  • 過食や拒食の症状がある
  • 不眠症

などがあるなら危険です。

 

うつ病は自分で気付くのは極めて難しいとされています。
職場で追い詰められている状況では、正確な判断が出来なくなっているのです。
周囲の人に気付いてもらうしかありませんが、これもなかなか難しい一面があります。
明らかに様子がおかしい状況であれば気付いてもらえますが、それは末期状態です。

 

うつ病の始まりは静かな変化から起こるのです。

何となく気分が沈んでしまい、気力が湧いてこないのが初期症状でしょう。
この段階だと、親しい家族や友人と一緒に居れば元気に振る舞うことが可能です。これは演技とかでは無く、本当に楽しんでいる状態です。

 

しかし、うつ病が進行して行くと、親しい人と会うことさえ面倒になり行動が起こせなくなります。
そのため、うつ病は発覚が遅れてしまうのです。

 

ブラック企業にうつ病を申告しても、精神論でごまかされてしまいます。
やる気が無い、気のせいだと一蹴されてしまうでしょう。
病院の診断書を持っていても無視される場合すらあるのがブラック企業なのです。

 

時には、会社からうつ病患者が出たことを隠すために、言いがかりを付けてクビに追い込まれるケースもあります。
ブラック企業は利益や企業イメージが優先なので、うつ病の社員に対する労りは期待出来ません。
うつ病で休職が認められれば良いですが、大抵の場合はそのままクビになります。
会社のせいでうつ病になったのなら、慰謝料の請求をするのが妥当です。

 

うつ病になる前にブラック企業からは逃げるようにしましょう。
もしなってしまったのなら、慰謝料を請求した上でしっかりと療養してください。

過労死の実態について