ブラック企業の問題を糾弾出来るように、労働者が法律を学び、簡単に転職出来る支援が必要です。

これから求められる対策

ブラック企業が問題だと叫ばれているのに、一向に無くなる気配が無いのは問題です。

人が安心して働ける環境が無ければ、

日本はいつまでも不況に喘ぎ、過労死が多い悲惨な状態になります。

 

 

 

このようなブラック企業が蔓延る社会を生き抜くには、まず労働者が知識を身に付けなければなりません。

 

既にブラック企業を規制する法律は出来ているのです。
問題は、そこにブラック企業があると声を上げる人がいないことです。
労働者がブラック企業の存在をもっと世間に晒さなければいけません。

 

そのためにも、労働基準法を紹介するセミナーを開催したり、極端な話義務教育にも積極的に取り入れたりするべきです。そしてどこへ相談すればブラック企業の問題を糾弾出来るかを学ぶのです。
これによりブラック企業はすぐに見破られますし、社会的なペナルティーも受けるようになります。

 

ブラック企業がたくさん蔓延っているのは、バレなければ大丈夫という甘い考えがあるからです。
すぐに発覚してしまう、発覚したら会社にダメージがある、そういう状態を作らなければいけないのです。

 

また、悪質なブラック企業はハローワークに求人票を出せないようにする取り組みも有効です。
仕事を求めている人がやっと就職出来た先がブラック企業では、辞めるに辞められません。
求人内容と違う契約がされるようなら、はっきりと拒絶しなくてはいけないのです。

 

上記に伴って、スムーズな転職活動をサポートすることも重要です。ブラック企業を告発することに成功しても、次の就職先が無いようでは行動出来ません。
働く場所が豊富にあり、転職が簡単に行える支援が求められています。

 

 

ブラック企業の撲滅に求められる対策はこのようになっています。
労働者が法律の知識を身に付け、ブラック企業の問題を告発出来るようにするのです。
そして簡単に転職出来る支援があれば、世の中の理不尽さは少し和らぐでしょう。

 

国が率先して動くべきですが、労働者側も意識を変化させなければならないのです。