ブラック企業に入った時に行う対処方法は1つ、すぐに会社を辞めることです。

ブラック企業へ就職した時の対策

もしもブラック企業に就職してしまったらどうすれば良いでしょうか?

我慢して働き続ける前向きに努力してみる、という選択肢もあるでしょう。

 

しかし、どちらを選択しても待って居るのは過酷な残業やパワハラセクハラです。

体調を崩した時に会社から切り捨てられてしまう可能性もあります。

ブラック企業に入ってしまった時に備えて、対処法を学んでおきましょう。

 

 

 

最初に断言しますが、ブラック企業に入った時に行う対処方法は1つしかありません。
今すぐ会社を辞めることです。
会社を辞めなければブラック企業の被害を受け続けてしまいます。

 

とりあえず3年は働けと言われていますが、そんな妄言を気にする必要はありません。
ブラック企業に3年も居たら身体も精神も壊してしまうからです。
会社に入ってすぐに辞めると転職が不利になるという話もあるでしょう。
ですが、そんなのは些細なことです。
我慢して働き続ける方が総合的にマイナスなのは間違いない事実です。

 

真面目な人ほどブラック企業で頑張って働いてしまいます。ですが、実はその頑張りが他の人に迷惑を掛けているのに気付いていません。

 

ブラック企業がなぜ存在しているのか考えたことがあるでしょうか?
答えは簡単で、我慢して働く人が居るからです。
だからブラック企業が無くならないのです。

 

ブラック企業に入ってしまったら、すぐに辞めましょう。

 

代わりの人材が見つかってからと言われても、退職を申し出てから1ヶ月経過していれば辞めて問題ありません。会社が受理する気配を見せないようなら、通勤しないという手段も有効です。

 

仕事をするのは何のためでしょうか?
自分や周囲が幸せに生活していくためのはずです。
ブラック企業に食いつぶされないように、自分の身を守るようにしてください。

 

仕事を選ばなければ再就職はすぐに出来るでしょう。
転職サイトも増えていますし、活動の負担もかなり軽減されています。
ブラック企業だと感じたら、このまま仕事をする価値があるのか判断してみましょう。
重要なのは、プラスかマイナスかではなく、よりプラスになるものが他にあるかどうかです。